lucciora’s diary 蛍日記

共感する魂を求めて・・・。 自分の心に響いてきた本、映画、表現など、備忘録的に書き留めています。どうぞよろしく。

「星の肉体」水原紫苑著より―短歌

 興福寺少年阿修羅にかなしみを与えし仏師の背や広からむ

  

 風狂ふ桜の森にさくら無く花の眠りのしずかなる秋

 

 死者たちに窓は要らぬを夜の風と交はる卓の薔薇へ知らせよ

 

 うつくしき弥勒となりしあかまつのいたみをおもふ幸ひとして

 

水原紫苑さんの「星の肉体」より。

散文集と短歌からなる構成…。

能・歌舞伎・夢・歌人たちへの思いが、水原紫苑の感性を通して綴られている。

とても興味深い。

短歌、時々読みたくなるのだけれど、少しこれからは集中して

読んでみたいと思った。とくに古の歌人たち。

時間の流れかた、心のありかたが、このせわしい現代とは決定的に

ちがうような感じをうける。

そうした時間の感覚を、自分の中に見つけてみたい。