読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lucciora’s diary

「詩人が詩を書くのは、自分と同じ言葉を話す人間を見つけるためだ。」ジャン・コクトー ーー言葉はどこまで「心」に近づけるのだろう。共感する魂を求めて、言葉の海へと漕ぎ出してみよう。 自分の心に響いてきた本、映画、表現など、備忘録的に書き留めています。どうぞよろしく。

ダライ・ラマの言葉から…

自分を害する相手と戦わずして、自分の信念を貫くということ、それはどんなに難しい事だろう。

観音菩薩の生まれ変わりとされるダライ・ラマの人生は、この時代にあっても、わたしにはやはり神秘的なものに思える。

ダライ・ラマの言葉から、
他者"others"と自分との関わりについて、ガイドになるような言葉を3つ。

"Our prime purpose in this life is to help others. And if you can't help them, at least don't hurt them."

この人生で私達がまずすべきこととは、他者を助ける事である。
だが、もしあなたにそれができないのなら、少なくとも彼等を傷つけてはならない。

(…少なくとも彼らを傷つけてはならない、というところがわたしは好きだ。
この世界には、簡単に人を傷つける人が多すぎるように思う。時として心がしわしわになって、ボロボロになる。
自分とて、他者を助けることはできてはいないけれど。少なくとも…)

"What is love?
Love is the absence of judgement."

愛とは何か?
愛とは判定の不在である。


(そう…。自分の物差しで人を"ジャッジ"するのはやめよう。誰かを愛した時は、相手の全てを許容してしまう。
そんな風に、相手をジャッジすることをやめれば、その相手のことを受け容れることもできるのかもしれない。)

"Do not let the behavior of others destroy your inner peace."

他者の振る舞いによって、あなたの心の平穏を乱されることのないように。

(強くなりたい…心が。ずっとそう思ってるけど。笑)