読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lucciora’s diary

「詩人が詩を書くのは、自分と同じ言葉を話す人間を見つけるためだ。」ジャン・コクトー ーー言葉はどこまで「心」に近づけるのだろう。共感する魂を求めて、言葉の海へと漕ぎ出してみよう。 自分の心に響いてきた本、映画、表現など、備忘録的に書き留めています。どうぞよろしく。

手紙

想起・雑記

手紙を書くのが好きです。
手紙をもらうのも、大好きです。

最近あまり、もらわないから淋しいですけど…自分もあまり書いていないんだから仕方ないですね。

電子メールだって、もらえば勿論うれしいけれど、
家の郵便受けに、ちょっと厚みのある封筒のざらっとした手触りだったり、
海外からのエアメール便を見ると、思わず軽くスキップしてしまいます。

封筒の手触りって、どうしてあんなに素敵なのかな。
このふくろの中に自分へのメッセージが折り畳まれて入っている。

たくさんの文字が、私だけに向かって、ひそかに話しかけてくる。
そのことが嬉しいのです。

だから私も、手紙を書くのは楽しみです。

万年筆に青いインクを充填して、コーヒーでも飲みながら、相手のことをつらつらと考えながら、幸せな時間を過ごします。
切手も相手のイメージに合わせて、特別なものを選んだりして。

ポストが赤いのは、手紙を入れるイメージとして、本当にピッタリだと思います。
あの朱色というか赤というかの、ぼってりした、どっしりした鉄のボディが、温かく見えるのです。

そして赤いポストに投函するとき、
はなれた場所にいる相手のことを思い出し、手紙をうけとる姿をちょっと思い浮かべてみる。

手紙っていうのは、すごく人間らしいものだと思います。

〒 〒 〒 〒 〒 〒 〒

あなたへの手紙 /寺山修司

あて名のない手紙を書いたことがあります

それを郵便ポストに入れずに楡(にれ)の木の穴にいれたことがあります

まだ逢ったことのない女の子への手紙でした

愛の手紙でした

ところが その手紙に返事がきたのです

お手紙ありがとう

愛の手紙に 愛の手紙で

お返事できるのがとてもしあわせです

この返事も

ほんとはぼくが自分で書いたものです

僕が今より若く まだ人生の苦渋を知らなかったころ

空はいつも真青だった