lucciora’s diary 蛍日記

共感する魂を求めて・・・。 自分の心に響いてきた本、映画、表現など、備忘録的に書き留めています。どうぞよろしく。

星野道夫さんのことば

 

星野道夫さんの言葉。

―――

きっと、同じ春が、すべての者に同じ喜びを与えることはないのだろう。

なぜなら、よろこびの大きさとは、それぞれが越した冬にかかっているからだ。

冬をしっかり越さないかぎり、春をしっかり感じることはできないからだ。それは、

幸福と不幸のあり方にどこか似ている。

―――

結果が、最初の思惑通りにならなくても、そこで過ごした時間は確実に存在する。

そして最後に意味をもつのは、結果ではなく、

過ごしてしまった、かけがえのないその時間である。

 

頬を撫でる極北の風の感触、

夏のツンドラの甘い匂い、白夜の淡い光、

見過ごしそうな小さなワスレナグサのたたずまい・・・・・

ふと立ちどまり、少し気持ちを込めて、

五感の記憶の中に、そんな風景を残してゆきたい。

何も生み出すことのない、ただ流れてゆく時を、大切にしたい。

あわただしい、人間の日々の営みと並行して、

もうひとつの時間が流れていることを、

いつも心のどこかで感じていたい。

(Michio's Norethern Dreams オーロラの彼方へ より)

オーロラの彼方へ―Michio’s Northern Dreams〈1〉 (Michio’s Northern Dreams 1)

―――

ほんとうに求めているものはなんなのだろう。

気が付けば、もうずっと考えているのに、

わかったような気がしては、また戻ってきている。

螺旋階段のように、少しずつ近づいているなら良いけれど…

 

そう、このあわただしい日々の営みのなかで、

感じなくてもよい(多分)孤独を感じたり、

…それなりにちゃんとやっているはずだけど。

さあ、どうなんだろう。

漠然としたさみしさが、たちのぼってくる。

それも自分のなかでは、自然なんだけれども…。

 

星野道夫さんの言葉は、そんな夜の一服の薬だ。

そう、こんな人が生きていたんだ。

なかなか現実には、出会えないけれど。

そう、でも、そんな優しいひとにも、

ちょっと思い起こせば、出会ったことがあるかもしれない。

 

空には満天の星、

風は甘い香りをふくみ、

木々の葉が揺れる音、

海の波の静かにうちよせる音が聞こえてくる。

自分が宇宙の生命のなかに包まれていることを

思い出させてくれるから。