読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lucciora’s diary

「詩人が詩を書くのは、自分と同じ言葉を話す人間を見つけるためだ。」ジャン・コクトー ーー言葉はどこまで「心」に近づけるのだろう。共感する魂を求めて、言葉の海へと漕ぎ出してみよう。 自分の心に響いてきた本、映画、表現など、備忘録的に書き留めています。どうぞよろしく。

シェーファーの万年筆

<p>今週のお題「自己紹介」</p>

f:id:lucciora:20170416161129j:plain

普段使いの万年筆。

シェーファーの、たしか'60年代のものだと思ったのですが、名前を忘れてしまいました。…画像で調べるとインペリアルだったかな。

ペンの胴体と一体型のニブ(ペン先)は、硬めの書き心地で、スピーディにぐんぐん書きたいときに使います。

もう随分前に、万年筆と筆記具&アンティーク文具のお店で働いていたことがあります。ブックカフェも併設。

もともと文房具は大好きだったので、仕事自体は面白かったです。

万年筆を好きな方というのは、皆さん自分なりの思いとこだわりのある方たちが多いんですよね。

大抵は文字を書くことが好きな人が万年筆を探しに来るので、そういう方たちと色々なお話をするのも楽しかったです。

そんなわけで、当時は一生懸命、万年筆について勉強してました。一本一本の書き味や、持ち味、そしてビンテージ万年筆や、限定の万年筆。漆や蒔絵の万年筆。

万年筆って、なめらかなインクにペン先をのっけて筆圧軽く書ける、とても手に優しい筆記具なんですよね。

自分に合うものと出会えると。