読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lucciora’s diary

「詩人が詩を書くのは、自分と同じ言葉を話す人間を見つけるためだ。」ジャン・コクトー ーー言葉はどこまで「心」に近づけるのだろう。共感する魂を求めて、言葉の海へと漕ぎ出してみよう。 自分の心に響いてきた本、映画、表現など、備忘録的に書き留めています。どうぞよろしく。

歴史と感情/集合無意識

読書・備忘録

f:id:lucciora:20161219094913j:image

 

シュタイナー教育を語る / 高橋巌より

「感情は時間の中で存在しており、空間の中では存在していないということです。
過去と現在と未来は、大体感情で結びついていると言ってもいいくらいです。
歴史というのは、一言でいうと、人類的規模での感情の集大成、前に述べたこととの関連で言えば、人類の夢である、と言ってもいいくらいです。

歴史というのは、ほとんどが感情なのです。一般にはそういうふうには受け取られていませんが、歴史が現在の私の生活に意味があるとすれば、それは本来は、過去の流れのなかから今の私のほうに感情のエネルギーが流れてきているからなのです。

歴史から単なる知識を引き出そうとか、そこに科学的な法則を見出だそうとすることだけが、本来の歴史研究だと思うことは、ニーチェが語っていたように、人生にとっての歴史の意味を誤解させてしまいます。」


ーーー


感情は時間の中に存在している。…なるほど…。納得。

 

集合無意識の中には、神話、おとぎ話、歴史上の人物、あらゆる物語が溶け込んでいる。
それは、つまるところ、あらゆる生き物の感情の経験、なのかもしれない。
ユングとシュタイナーが意外と近くにいたのかもしれないということ。
感情が時間の中に存在している、ということ。では空間の中に存在しているもの、とは何なのか。
そもそも、時間のない空間てあるのだろうか。…